お金じゃない貯金?家事貯金を貯めてみる。

こんにちは。
『家事貯金』って聞いた事ありますか?
簡単に言うと少しずつ家事を先取りしてやっておくと後がラクになるということでしょうか。

・晩御飯を少し多めに作る→お弁当のおかずになる
・食材を買ったらゆでる、切る、小分けして冷凍する→すぐに使える
・ちょっとした時間に常備菜を作る→食事、お弁当に使える

すぐに思いつくことは食べることばかりですが(笑)

今までやってみたこと

実際にワタシがやってみたことを書いてみます。

◎常備菜をつくる

「常備菜」や「作りおき」ということばはよく聞きますよね。
(流行りにのって)野田琺瑯や無印良品の保存容器を買って一時期常備菜作りにはげんでいました。

休みの日にスーパーに行って食材を買い込み、その勢いで一気に料理を作る・・・
結果からいえば私にはこの方法は合いませんでした。が、良かった事もありました。

・良かったこと
お弁当作りがラクになった。
帰りが遅くなったり、疲れていても食事の準備に時間がかからなかった。
野菜を食べる量が増えた。

・悪かったこと
冷蔵庫の中に残っている物の管理が必要になった。
用事などで食事の回数が減ると食材を無駄にすることがあった。
同じものを続けて食べるのが嫌になる事があった。

常備菜を作ることに疲れた。

ワタシの体力がないのと飽きっぽい性格と、もともと家事能力が低いので冷蔵庫の中を把握して管理するのが難しかったり、「あれも食べなきゃ、これも食べなきゃ」と急かされる気がするのもだんだんイヤになりました。

でも一番は「作ることが苦痛になった」ことでした。作り始めの何週間かは良かったのですが、作る献立を考え、スーパーで大量の食材を買い、実際に作る・・・この作業が苦痛になりました。

献立を考えるのにもレシピ本を引っ張り出したり、ネットで検索したりするのに時間がかかるし、一度に結構な量の食材を買うのも大変。それから一番嫌なのは「料理すること」でした。
もともと料理が苦手なワタシにとってだんだんと苦痛な時間になりました。

「作ったものを食べて、容器がカラになるのが楽しい」と言う話も聞きますが、ワタシは「また容器がカラになる。また洗わなきゃ。」と思ってしまってました。
琺瑯容器のフタやタッパーなどのを洗ったり拭いたりするのが特にイヤなのでそう思ってしまうのだと思います。あの容器の溝に水分が残ったのを拭くのが面倒なのです。流行りものがすきな私はとりあえず「常備菜」作りをやってみましたが合いませんでした。

今やっていること

◎負担にならないくらいの下ごしらえ、常備菜を作ること
「常備菜作り」が合わないといいながら、作ってます。少しだけですが。

・ほうれん草を買ってきたら茹でておく。
・長ネギを買ってきたらカットして冷凍しておく。
・きのこ類を買ってきたら冷凍しておく。
・もやしを買って当日使わない時はレンジでチンしておく。
・ひじきの煮物を作る。

常備菜はひじきの煮物ぐらいですが、野菜ときのこの下ごしらえはしておくととても便利なのでやってます。
寒い季節はほぼ毎日汁物を作るのでとても重宝しています。
この下ごしらえも季節によって変わってくると思います。

今後はどうしていくか

◎自分のペースをつかむ
もう40代にもなってまだ自分のことをよくわかってなく、ペースもつかめていないので自分が快適に料理できるような状況を把握したいと思います。

・野菜の下ごしらえはあると便利。
・きのこ、ベーコンなどの冷凍も使いやすい。

これくらいはハッキリわかっているのでこれをベースに
・買い物では野菜を一度に買い過ぎない→下ごしらえが面倒だから
・下ごしらえした食品、冷凍した食品で冷蔵庫をいっぱいにしない→管理できないから
など自分なりのルールを再度考えたいと思います。

でもスーパーに行って食材が安くなっているとたくさん買いたくなったりすぐに使わないものでも買ったりしてしまう自分がいます。
日々精進ですね(笑)

今回は料理のことしか思いつきませんでしたが、掃除や生活についてもこの「家事貯金」にあてはまることはたくさんあるハズです。
毎日の生活のなかでこれから見直していきたいです。