朝ベッドから起き上がれないを解消した方法。

こんにちは、すいかん(@suikaorange)です。
アナタは目覚まし(アラーム)が鳴ったらすぐに起き上がれますか?
ワタシはなかなか起き上がれません。
目覚ましを止めて、そこからウダウダごろごろするのが大好きなのです。
別に二度寝するわけでもなく、ただベッドの上でまどろんでいます。
ベッドが特に気持ちいいこの季節。
目覚ましが鳴ってから、実際に起き上がるまで。
最近は50分ぐらいかかるようになってしまったのです。
もともと朝からバタバタするのがイヤで少し早起きをしているのですが、最近は余裕がありません。
このままではダメだ・・・
とさすがに思い、「コレしかない!」という方法を実践してみたら、アッサリ起き上がれるようになりました。
あのまどろみは捨てがたいけどね!

スポンサーリンク




結論

パッとベッドから起き上がる方法は簡単です。
目覚まし時計をベッドから出なければ止められない場所に置くことです。
ね?
簡単で単純でしょ?
超アナログなんだけど、結局これが一番効果ありました。
早起きを実践されている方のブログなどを見ると
・朝起きるのが楽しみになるイベントを準備する(読書する、映画を観る)
・朝食べたいご褒美スイーツを準備する(ケーキやパン)
・目覚ましがなったら、その日やらなきゃいけないことを頭の中で考える
などなどの方法が書かれています。
ワタシにはどれも効果がありませんでした(泣)
読書したり、映画観るよりもベッドでまどろむ時間の方がワタシにとっては至福の時間だと感じてしまうし、ご褒美スイーツを準備しても、「早起きしなくても食べられる」と思うと起き上がれません。
その日にやらなきゃいけないことを考えると・・・
「アレもやらなきゃ、コレもやらなきゃ」と思うだけで追いつめられた感じになってしまい、余計に起き上がれなくなりました。
たぶん、イチバン効果があるだろうと思っていた
「目覚まし時計をベッドから出なければ止められない場所に置くこと」
実践したその日からすぐに効果がありました。

まとめ

これからもっと寒くなると、より一層お布団が恋しくなりますね。
でも結局起きなければいけないので、頑張って起き上がっています。
寒くて布団の中にもぐってしまったり、そもそも目覚まし時計の音が気にならない人には効果がない方法かもしれません。
眠りが浅く(ちょっとした音ですぐに目が覚める)、音を止めないと気になる人にはかなり効果的な方法です。
今のところ、大成功しています。
でも慣れてくると、「ちょっとだけ・・・」と目覚ましを止めてからベッドに戻る可能性もあります。
朝ちゃんと起きると準備にバタバタしなくてすむし、気持ちにも余裕を持てます。
一日のスタートを気分よく過ごすためにもスッキリ起きられるようになりたいですね。