アイメイクが下まぶたにうつる。原因と対策は?

こんにちは、すいかんです。
桜のつぼみがピンクに色づいてきました。
そろそろ咲き始めるでしょうか。

メイクに何分かかりますか?

突然ですが、私がメイクにかかる時間は3分ほどです。
1.BBクリームを塗る
2.フェイスパウダーをパタパタ
3.まゆを書く
4.チークをササっと

以上です。

もはやメイクとも言えないかもしれません。
朝、出かける準備で慌ただしい時に3分で終わるのは非常にラクです。
春になると気分が上がります!
この長かった寒さに終わりを告げ、だんだん暖かくなってくると毎年毎年沸き上がってくる気持ちが・・・
『メイクをしたい!』
冬場は乾燥して肌がヒリヒリする事もあるのでメイクはしないというよりは出来ない状況でもあります。
そして、そんな肌の状況が落ち着いてくると
『メイクをしたい!』という気持ちが強くなります。
毎年毎年の決まりです。
もはやルーティンです。
そして行動してみます。
1.アイシャドウ
2.アイライン
3.マスカラ
いつもの3分間メイクに新たに3ステップ追加されます。
ウキウキでメイクするのですが・・・
なぜか昼前にはもう、
目の下にクマ状態(泣)
そして、ここまでがルーティン。

アイメイクが下まぶたにうつってしまう原因と対策

で、どうにかしたいとネットで検索してみました。

アイメイクが下まぶたにうつってしまう原因は・・・

・美容液、下地、リキッドファンデなどの化粧品、 皮脂、涙などが上まぶたに付いているとメイクがにじみ 下まぶたにうつってしまう。
・目をまばたきすることで起きる摩擦でもうつる。
・マスカラなどが乾いていないと当然下まぶたにうつる。
・メイクの技術がヘタ←これが一番だと思うけど。

どうしたらいいの?

・化粧品、皮脂などを取り除く。
・フェイスパウダーでサラサラにする。
・アイシャドウ、アイライン後にフェイスパウダーで押さえる。

対策方法がわかったので実際にやってみる!

で、実際にやってみました!
1.BBクリームを塗る
2.フェイスパウダーをパタパタ
3.まゆを書く
4.チークをササっと

目のまわりがサラサラになるようにパウダーを(下まぶたにも忘れないように!)
6.アイシャドウ
7.アイライン
8.マスカラ

で完了です。
これまではメイク後、会社に出勤する前にすでに下まぶたがうっすら黒くなっていた事もありました。
お昼ごろにはハッキリわかるほど黒いです。
対策した結果は・・・
今回、5番の目のまわりがサラサラになるようにパウダーをつけただけで全然違います。
今、お昼休みですが、ほとんど黒くは目立ちません。

まとめ

いつもは化粧直しすらしませんが、ティッシュでサッと下まぶたをなぞってみるとうっすら色が付く程度です。
たったひと手間でこんなに化粧もちって良くなるんですね!
ビックリです。
もし、メイクをしても下まぶたが黒くなっちゃうよ~って方は試してみてくださいね。

ちなみに目のまわりをサラサラにするために使ったパウダーは固形のプレストパウダーです。