毎日寝る前にケアすることで手が変わります!

こんにちは、すいかん(@suikaorange)です。

夏と冬の違いって寒さだけじゃありません。
手の荒れ方が全然違います!
ふと指先を見ると、白くカサカサしています。
なんだか悲しい・・・
これまでハンドクリームを塗るなどなんとなくケアしてきたけど、正直イマイチ。
なので調べてみましたよ!

結論から言うと・・・
化粧水+ハンドクリームのケアがとっても効果的でした!

 

スポンサーリンク



肌荒れの仕組みと対策

1.冬は空気が乾燥する
2.手の(肌の)皮脂が少なくなり刺激を受ける
3.荒れる

 

ざっくりいうと こういう理由で肌荒れが起きるそうです。
仕事で書類を扱っても、洗濯物を畳んでも、ハンドソープで手を洗っても・・・
どんどん皮脂が奪われていくのですね。
そして手荒れを防ぐ対策として有効なのは手を使わないこと。
でもこれは不可能です。
手荒れの対策としてすぐに思い浮かぶのはハンドクリームを塗ることですね。

正しいハンドクリームの塗り方

知ってるよ!って方も多いと思いますが、おさらいのつもりで。

1.手を洗って、水分をしっかり拭く
2.化粧水をつける
3.ハンドクリームを手で温めてから塗る(浸透力アップ)
4.指1本ずつマッサージする(強くすりこまない)

 

知っていたつもりでしたが、「化粧水をつける」ってのは知りませんでした。
実際に化粧水を付けてからハンドクリームを塗ると、浸透力が違う気が。

すんなり手になじむ感じがします。

正しいハンドクリームの塗り方はわかりましたが、日常生活の中でここまでやるのは正直ムリです。
(ズボラなワタシには)
なので、最低でも寝る前だけはきちんとケアするようにしています。
たまに眠さに負けてやらない日もありますが、2週間ほど続けると白いガサガサした部分がほとんどなくなりました!

化粧水はプチプラのモノだし、ハンドクリームもドラッグストアで普通に売ってる普段使いのモノです。
それでもケアの方法を変えただけで効果がしっかり出ています。
効果が出ると、ハンドケアも丁寧になるという嬉しい好循環継続中です♪

まとめ

冬になると悩まされる手荒れ問題について調べてみました。

スペシャルケア(笑)は1日に一度ですが、以前よりもこまめにハンドクリームを塗るようになりましたし、ちょっとした洗い物でもゴム手袋を使うか、水で洗うようになりました。
(お湯での洗い物もかなり刺激が強いらしいので。)

毎日コツコツ続けることでひどい手荒れとはおさらばできそうです。
これからが冬本番なのでケアを続けて習慣にしてしまおうと思います。
今、特に気を付けていること。

1.手を洗ったあとはしっかり水気を拭く
2.寝る前に化粧水+ハンドクリームでケア